2010年 02月 14日

小畦川便り(2010/02/14)

今日は久しぶりに天気がよいとの予報。
気温は上がらないみたいだけど、それでもやっと満足な条件で写真が撮れるかも知れないと、土曜に勤務から帰った後、機材のチェックをしたり、飛翔を撮る時の距離感の確認をしたりと期待が高まる。
晴天で風もなく、昨夜少し降った雪が車の屋根とかに残っているけど、条件としてはまあまあ。
11時過ぎにフィールドに出るが、草の上に雪が溶けた後の露がびっしり付いている。
歩き始めてすぐに1頭のモンキが飛び出す。
黄色いけど、前翅に少し白っぽい部分が感じられるので、黄色型のメスのようだ。
f0031682_2139451.jpg
ニコンD300s VRマイクロ105 1/8000 f6.3 絞り優先 ISO720

少し飛んではすぐに地面に止まって、吸蜜の気配もないのでマクロレンズではあまり良い写真が撮れない。
それで、パスト連写にチャレンジする。
FC-150は写りはまあまあと言うことは昨秋確認してあるけど、やや広角が不足気味なのと絞りが絞れないので多少不満が残る。
そのあたりの使い勝手を再度確認しておきたい。
シャッタースピードは最高1/4000とカタログにはあるけど、今日の写真では1/10000が出ていた。
このあたり、実際にはどうなんだろう。
f0031682_21414997.jpg
カシオ EX-FC150 1/10000 f3.6 絞り優先 ISO800

こちらは1/8000、いずれにしてもISO800で撮影できるのは、前の機種のISO200がぎりぎりなのと比べるとすごく楽だ。
画質もかなり改善されて、これでもう少し絞りが自由に選べると最高だ。
f0031682_2144911.jpg
カシオ EX-FC150 1/8000 f3.6 絞り優先 ISO800

D300で飛翔を狙ってみるけど、メスなのと気温が低いからか、無理矢理飛ばしても2~3m飛んではすぐに止まってしまうので、結構苦戦してしまった。
f0031682_21451738.jpg
ニコンD300 シグマ17-70(29) 1/2000 f5.0 シャッタースピード優先 ISO1000

撮影しているうちにだんだん雲が出てきて、この日出会ったチョウは結局この1頭のみだった。
寒い日が続いたので、本格的発生はまだ先のようだ。

by dandara2 | 2010-02-14 21:52 | 飛翔 | Comments(6)
Commented by fanseab at 2010-02-15 00:21
FC150、なかなかの画質ですね。
1-2枚目の画像を拝見すると、購入意欲が出てきます。どうしようか?悩ませる
絵です。
Commented by ダンダラ at 2010-02-15 08:51 x
fanseabさん、FC150の購入はもう少し待ったほうがいいかもしれないです。
と言うのは1月にEX-FH100という新製品の発表があったからです。機能的にはこちらのほうが上です。
大きさもそれほど大きくならず、24mmからの10倍ズームで、静止画の時はRAWも撮影できます。
最短撮影距離がちょっと不満ですが、パスト連写には支障ないかも。
今回はその撮影距離が野外では不満になりそうかどうかのチェックもかねて撮影に出てみました。
同時に発表された他の機種は3月中の発売が発表されましたが、FH100は未定です。
待てなければFC150でしょうか。
Commented by himeoo27 at 2010-02-15 20:52
13日今年初のモンキチョウを藤沢市の「サラツマキ」さんの
案内で観察出来ました。産毛も綺麗で越冬個体にない美しさで
した。
今週末晴れていたら見沼田んぼも探してみます。
Commented by ダンダラ at 2010-02-15 22:28 x
himeooさんもモンキ撮影できたんですね。
今年は2月に入っても寒い日が多くて、なかなか撮影の機会がありませんけど、それでも少しずつは季節が進んで、チョウも姿を見せ始めてくれていますね。
今週末は何とか日も射しそうだし、うまく撮影できると良いですね。
Commented by hirokou at 2010-02-17 18:50 x
飛翔写真さすがですね。
それにしても1/4000のカタログ値が実際には1/10000とは不思議です?
FC-150はf3.6ながらもニコンに比べて背景がシャープに写りこんでいるのは、撮像素子のサイズによるものなのでしょうか?
共に高感度でも綺麗に撮れて素晴らしいですね!
Commented by ダンダラ at 2010-02-17 22:04 x
hirokouさん、シャッタースピードについては、メカニカル的なことは良くわからないですが、電子シャッターだとそんなこともあるのかなと言う感じです。
最高では1/12000程度は出ていたようです。
背景の写り方に関しては、おっしゃるようにニコンなどのデジタル一眼とカシオなどのコンパクトデジカメでは、撮像素子の大きさが違っていて、それが影響していると思います。
コンデジの場合、もう少し絞り込めれば、虫の目レンズ的な効果も期待できるので面白いと思っているのですが。
チョウの成虫の大きさだと、魚露目などのレンズよりもコンデジクラスの方が映像もシャープだし、絞り込めればかなり良い映像になると思っているので、新しいカシオのFH100に期待しているんですけど。


<< ヨーロッパ撮影記(9:カンヌ周...      ヨーロッパ撮影記(8:ツェルマ... >>