2009年 10月 13日

小畦川便り(2009/10/12)

10月11・12の休みは息子が所用で車を使わせてくれという。
ついでに孫の面倒を見てくれということで、孫が一人で泊まりに来た。
それでもっぱら自宅付近の身近な蝶の観察に専念した。
と言っても11日は風が強く、川原を歩いてもモンキチョウとベニシジミ、イチモンジセセリくらいで写真は撮れなかった。
そろそろムラサキシジミはどうかなと思って見に行くと、1頭のムラサキシジミが頭上のアラカシの葉に止まった。
この時期は越冬のときと異なり、静止したのはまだ緑色の葉で、単なる静止場所と言う趣だった。
ここでは、陽だまりに飛来したウラギンシジミの♀を撮影できた。
白斑の部分が少し青みがかってなかなかきれいだ。
自宅のストックを見るとウラギンシジミの♀は意外と撮影していない。
今年は出来ればウラギンの交尾を撮りたいのだけど、ごちゃごちゃいる場所が自宅付近にはないので無理だろうなー。
f0031682_13272434.jpg
ニコンD5000 タムロンsp90マクロ 1/1250 f9 絞り優先 ISO800

翌12日は一人で川原に出てみる。
最初に目に付いたのはセイタカアワダチソウについている鮮やかな赤い蝶。
近づくとキタテハだけど、シータテハを思わせる鮮やかさだ。
f0031682_13281425.jpg
ニコンD200 タムロンsp90マクロ 1/500 f6.3 絞り優先 ISO250

次にはヒメアカタテハが吸蜜している。
ヒメアカタテハもこういうときに見ると、鮮やかだし飛翔も軽快でなかなか良い蝶だ。
f0031682_1329264.jpg
ニコンD200 タムロンsp90マクロ 1/750 f8 絞り優先 ISO250

セイタカアワダチソウの群落ではツマグロヒョウモンの♀も撮影できた。
今では普通種だけど♀はきれいな蝶だと思う、最初に撮影したときの感動を忘れないようにしよう。
f0031682_133013100.jpg
ニコンD200 タムロンsp90マクロ 1/1250 f8 絞り優先 ISO250

撮影していると時々♀に何かが絡んでいるようだ。ファインダーでは確認できなかったけど、後で写真を見るとベニシジミが♀の翅を花と間違ってきているような感じに見える。
f0031682_13304488.jpg
ニコンD200 タムロンsp90マクロ 1/1000 f8 絞り優先 ISO250

この♀には♂も絡みに来て後ろに止まって翅を震わせている。そのうち痺れを切らしたのか♀に飛び掛った。
♀は尾端をあげて交尾拒否をしている。
f0031682_13312233.jpg
ニコンD5000 タムロンsp90マクロ 1/640 f7.1 絞り優先 ISO800

自宅近くの川原だから特に珍しい種類もいなかったけど(本当はクロコノマ、アカボシゴマダラも期待して探したけどだめだった)、動きのある写真が撮れて結構満足した一日だった。
そうそう、モンキチョウの黄色タイプの♀の交尾写真も撮れた。結構敏感で、この後すぐに飛ばれてしまった。
f0031682_1331463.jpg
ニコンD5000 タムロンsp90マクロ 1/2000 f7.1 絞り優先 ISO800

by dandara2 | 2009-10-13 13:38 | 吸蜜 | Comments(20)
Commented by ヘムレン at 2009-10-13 15:17 x
ウラギン♀・・けっこう青が出ていますね。あまり見たことがないような・・・とても綺麗です。
この時期出会うキタテハは、ほんとに赤いですね(^^)。。
名前からは想像できない色合いで撮りたくなります。
あの河原・・・ちょうどいい散歩コースで、この時期楽しめますね。。
Commented by べにしじみこむ at 2009-10-13 19:59 x
こんばんは。モンキチョウの交尾写真、興味深く拝見しました。
オスとメス、こうして並んでいると、ぜんぜん大きさが違いますね。びっくりしました。
Commented by cactuss at 2009-10-13 20:44
セイタカアワダチソウは今の時期、いい吸蜜源になっていますね。
動きのある写真、躍動感があっていいですね。
最後のモンキチョウ黄色♀との交尾、交尾や産卵の時にはっきり雌とわかりますね。
Commented by himeoo27 at 2009-10-13 20:50
このツマグロヒョウモン♀は、前翅の付け根付近から中央部に
かけての内側から外側へ濃い黄色→赤→薄い水色→紫→黒と変化
する色彩がとても綺麗ですね!
Commented by chochoensis at 2009-10-13 21:23 x
ダンダラさん、ツマグロキチョウにベニシジミが絡んでいる写真・・・とても面白いです!この後はどうなったのでしょうか?ウラギンシジミの交尾写真ですか!!!是非撮影して見せてください・・・凄い写真になるでしょうね・・・期待しています。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 10:27 x
ヘムレンさん、ウラギン♀の白い部分の色は光線の加減かもしれませんが、なかなかきれいだと思います。
写真って時々こんな発見があるから楽しいですね。
キタテハも夏型はあまりカメラが向きませんが、秋型はいいですね。
秋らしい写真には欠かせないです。
ここの川原はたいしたものはいませんが、半日くらい遊ぶにはいい場所です。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 10:31 x
べにしじみこむさん、モンキチョウの雌雄の大きさの違いは必ずしもこのとおりではないかもしれないです。
普段観察していて、♀が特に大きいという風に感じたことはないです。
雌雄で大きさが違うというよりも、幼虫時代の餌の量による生育の差かもしれません。
でも私もよくわからないのでの、今後は注意をして見ます。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 10:34 x
cactussさん、遠出が少なくなるこの時期、セイタカアワダチソウの場所はちょうど良い撮影場所ですね。
次から次へとやってくる蝶を飽きずに撮影できました。
モンキの黄色♀は普段はなかなか気がつきませんし、数も少ないのでちょっと貴重な感じがしますよね。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 10:38 x
himeooさん、おっしゃるようにツマグロヒョウモンの♀はとてもきれいだと思います。
春型のベニシジミ同様、蝶の中ではトップクラスの美人さんだと思いますけど、普通種というベールがかかっているので不当に扱われていますね。
でも秋から春にはそのベールも薄くなってまた注目を集めるようになります。
きれいなものをきれいに撮る。
今の時期いろいろな設定を確認したり、撮影方法をチェックするいい時期だと思います。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 10:43 x
chochoensisさん、ベニシジミは少し翅にからんですぐに離れていきました。
まるで「あっ! まちがった」という感じです。
数頭のベニシジミが(同一固体が何度もかどうかはわかりませんが)同じような行動をとっていました。
一度は2頭のベニシジミがかなり長いことからんでいましたが、こちらはもしかすると誤求愛かもしれないです。
♀の翅表の色に何かを誘引する色合いなどが含まれているのかもしれないですね。
Commented at 2009-10-14 12:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dandara2 at 2009-10-14 21:12
鍵コメさん、いえいえ、こちらこそありがとうございました。
良い物が出来そうで良かったですね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2009-10-14 22:30
秋の風情満開ですね。やっぱりベニとのツーショットに目が奪われます。偶然の写真がヒットすると嬉しいものです。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 22:39 x
ノゾピーさん、秋はシーズンの終わりが感じられて寂しいですが、あまり贅沢を言わなければまだまだ楽しめますね。
財布にもやさしいし、気ぜわしくないので身の回りの蝶を撮るのは好きです。
メスグロとベニのツーショット、偶然ではなくて狙ったものです。
メスグロのところに飛んでくるのは、シジミなのかセセリなのか良くわかりませんでしたが、なにかが飛んでくるのは分かったので、その瞬間を撮ろうとしてシャッターを押したらうまく写っていました。
たった1回シャッターを押しただけですが、うまくヒットしました。
写ったのはたまたまだと思いますが、狙ったものなのでうれしいです。
Commented by grassmonblue at 2009-10-14 23:10 x
ベニシジミがからんでいる写真、
ピントも、位置も良くて、とても面白い画像ですね。
わたしも今まわりは普通種ばかりですが、
しっかり構えなくちゃと思いました。
Commented by ダンダラ at 2009-10-14 23:21 x
grassmonblueさん、ありがとうございます。
シャッターを押した時にはヒットしたかどうかは分かりませんでしたが、モニターで確認して写っていることは分かりました。
ベニが何を思ってアタックしていたのは定かには分かりませんけど、見た印象では花と間違っているのかなと言う感じでした。
ツマグロの吸蜜をちゃんと撮ろうとしていた時なので、アングルもなんとか破綻のない感じで収まって良かったです。
Commented by mmerian at 2009-10-15 08:04
セイタカアワダチソウが入って数十年。外来種というよりもう土着種?笑
虫捜しをするにはもってこいの場所ですよね
うちの近くではツマグロヒョウモン、キタテハ、イシガケチョウ、ヒメアカタテハ、アカタテハ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ、ルリシジミ、ヤクシマルリシジミ、クロマダラソテツシジミ、ウラナミシジミ、それにサツマニシキ、ルリウラナミシジミまで吸蜜しています。
Commented by ダンダラ at 2009-10-15 10:33 x
mmerianさん、セイタカアワダチソウとキバナコスモスは蝶の好きな花ですね。
その群落に行けばたいてい何がしかの蝶がいて写真が撮れます。
それでも、さすがにそちらのような種類の多さはないです。
ヤクルリ、クマソ、ルリウラが撮れるなんてものすごーくうらやましいです。
そのうちサツマも仲間入りするのでしょうか。
Commented by thecla at 2009-10-15 22:42 x
ウラギンシジミ♀ってこんな綺麗でしたっけ・・・というような色合いですね。
この時期、じっくりと秋の身近な蝶を撮るのも悪くないですね。
Commented by ダンダラ at 2009-10-15 23:23 x
theclaさん、ウラギンシジミの♀って渋い美しさがあるんですけど、意外ときれいな個体って少ないように思います。
ここしばらくは遠出には少し早いし、身近な秋の蝶をじっくり撮るには良い時期かも知れないですね。
成虫越冬のチョウ以外は今が狙い目かも知れないです。


<< ヨーロッパ撮影記(1:成田~ツ...      秋の御三家撮影(2:その他の蝶) >>