2006年 03月 06日

モンキチョウ初見

 昨日の休日出勤の代休の今日は関東でも春一番が吹いた。
 前日の天気予報では曇りの予報だったので期待していなかったが、9時頃から日が射してきたので、9時30粉頃から自宅前の河原に出かける。風もなく、気温も高くて絶好の観察日和。
 いつもモンキチョウを見かける場所に行くと、チラチラと飛び回っているのが見える、今年の初見だ。
 大半が♂で♀を探して飛び回っているが時々♀の姿も見える。それを追いかけて配偶行動をするが、どうも♀は交尾済みのようだ。
f0031682_2112795.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f22,ISO640,シャッタースピード優先

河原にはキタテハの姿も見える。こちらも配偶行動をとるものの姿も見えるが、すぐに飛び立った。
f0031682_21173198.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f18,ISO640,シャッタースピード優先

 枯れ葉に止まったキタテハを相手に広角接写を試みるが、動くものを何でも追いかけるキタテハの♂に数cmまで近寄るのは難しい、近寄れても自分のカメラの影が入ってしまう。
f0031682_21193737.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(17mm)、1/640、f13,ISO640,プログラムAE

 11時時近くなるとオオイヌノフグリで吸蜜するモンキチョウも出てきて、春らしい1枚が撮れた所で満足して帰宅した。
f0031682_21155413.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f18,ISO640,シャッタースピード優先

午後からは映画を見に行く、シニア料金だから安くて助かる。
帰りはお気に入りのお店で夕食。春一番の蝶が撮れたから何となく充実した気分。

by dandara2 | 2006-03-06 21:23 | 配偶行動 | Comments(22)
Commented by FANSEAB at 2006-03-06 21:37 x
昨日の関西もポカポカ陽気でしたが、関東はもっと気温が高かったようですね。元気一杯のモンキチョウいいですね。特に最後の一枚、体毛のフサフサ感が素晴らしいです。新兵器のシグマ広角ズームは寄れ過ぎて影が出てしまうのですね。CaprioR1でも同じ経験をしています。でも発色は素直でバランスの取れたレンズだと思います。
Commented by ippo at 2006-03-06 21:44 x
こんばんは。
今日は春一番が吹いたとか・・でも、明日は寒くなるとか。
また、忙しい季節の幕開けですね。
きれいなチョウ達心待ちにしています~♪

こんな田舎に住んでるのにヒメアカタテハ以外まだ、近辺では見かけないです。
モンシロチョウすらも・・・
塀に蛹の行列があるのでそのうちに羽化するんでしょうが・・・。
Commented by nomusan at 2006-03-06 22:16 x
あ~、実は昨日撮りたかったのはこの画像なんです。「ベロニカ(オオイヌノフグリ)で吸蜜するモンキチョウ」。昨日の私の拙ブログでモンキチョウを「愛想無し」と言ったのは、すぐ近くにとまったのに、この花に行ってくれなかったからなんです(笑)。いよいよ春ですね。
Commented by ダンダラ at 2006-03-06 23:11 x
FANSEABさん、家内に言わせると昨日よりも今日の方が暖かかったようです。
東京は春一番のようでしたが、こちらは風も吹かずたくさんのモンキチョウとキタテハが飛んでいてうれしくなりました。
シグマのレンズは面白いですが、シャッターを押すまでに飛んでしまう事が多く苦労しました。
カプリオの方が近寄れるかも知れません。
Commented by ダンダラ at 2006-03-06 23:15 x
ippoさん、今日は暖かでしたが、明日は寒そうですね。
いよいよ年度末の仕事も大半が終わって、明日からは勤務も午前中になります。
これから天気がよい時には散歩に出られるのでうれしいです。
塀にある蛹はモンシロチョウのものなのですか。多分ここ数日で羽化するのではないでしょうか。
ヒメアカの蛹ももう少しでしょうかね。もう室内に入れても安心だと思いますが。
Commented by ダンダラ at 2006-03-06 23:19 x
nomusanさん、このところの記事をやっぱりそちらは暖かいなとうらやましく見ていましたが、やっとこちらも春が来たようです。
菜の花はまだ大半が蕾ですが、これから歩くたびに春を感じるようになるんでしょうね。
そういえば、ベロニカには大切な思い出がおありになるんでしたよね。
花の少ないこの時期がベロニカでの吸蜜を撮影するチャンスですね。
Commented by usubasiro at 2006-03-06 23:40
モンキチョウもうメスが出てるんですか。昨日も出かけましたが見れたのはオスだけでした。最後の写真まさに春と言った感じでいいですね。
シグマのレンズ中々良さそうですね。私も昨日広角を付けてキタテハを撮ってみようと近寄ってみましたが中々撮影出来ず結局諦めてしまいました。
Commented by ダンダラ at 2006-03-06 23:51 x
usubasiroさん、モンキチョウはもうクローバーに産卵行動までしていてビックリです。
天気が悪くて寒いと思っていてもそれなりに春は来ているという事でしょうか。
キタテハの広角接写は難しいですね。特に気温が上がって縄張り行動をしているやつはちょっとの刺激で飛び立つので私も諦めかけましたが、たまたまノンビリやさんがいたので撮影できました。
Commented by banyan10 at 2006-03-07 12:28
そちらは風も弱かったのですか。でかけてみれば良かったですが、明日に期待です。
オオイヌノフグリでの吸蜜いいですね。タンポポがあると、どうしてもそっちへ行ってしまうことが多くて、ホトケノザとか撮影したい花にはなかなか来てくれません。(^^;
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 15:18 x
banyanさん、午前中は穏やかな晴天でしたね。12時を過ぎたら曇天で、チョウのでる天気ではなくなりました。
オオイヌノフグリでの吸蜜は、この時期この土手にはオオイヌノフグリしかなくて、モンキチョウも仕方なくそれで吸蜜しているのでしょうね。
ホトケノザで吸蜜するチョウはめったにありません。
Commented by Ryochan at 2006-03-07 21:50 x
 モンキチョウいいですね~。桜の開花は毎年、岡山より関東のほうが一週間くらい早いので、こちらも今度の休みこそは、お目にかかりたいものです。キタテハは先週、全く同じ状況を見ました。やはり配偶行動だったのですね。一つ賢くなりました(笑)。
 広角接写はデジイチならではの自然な描写でいいですね。画角は26㎜相当ですから、申し分無し。どこまで寄れるのか興味があるのですが、この写真で一杯の寄りなのでしょうか? 被写界深度も必要十分なようですから、むずむずします(笑)。
Commented by 愛野緑 at 2006-03-07 22:45 x
早くもモンキチョウを撮影されたようで、おめでとうございます。
私の方はまだ親蝶を見た記憶がありません。もうすぐでしょうけどちょっと寂しいです。
Commented by 彩(ジャスミン) at 2006-03-07 22:45 x
ダンダラさんこんばんわ~ご無沙汰しておりました。
この度、HNを「彩」”あや”に変更いたしましたのでご連絡させていただきます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

もう、モンキチョウをお撮りになられたのですね~
彩は啓蟄の6日に赤茶色の蝶が飛んでいるのを観ました。
車の中から観たのでよく解らないのですが、タテハだったのでしょうか・・・
モンキチョウはオオイヌノフグリでも吸蜜するんですね、気をつけてみてみたいと思います。
今年はどんな蝶に出逢えるか楽しみです。 ♪
Commented by gensirou at 2006-03-07 22:47 x
ベロニカで吸蜜するモンキチョウ、いいですね。
わたしは残念ながらまだ越年蝶にしかお目にかかれないでいます。
キタテハの広角接写、きれいに撮れていますね。「影が……」ということですが、わたしはまだ試し撮り段階なので、気にしないで撮っています。でも、いつまでも「試し撮り」に甘えていてはいけませんね。
Commented by thecla at 2006-03-07 23:10 x
最後のカットはまさに春が来たという感じですね。
こうしてみると、モンキチョウもミヤマほどではないですが、ピンクの縁取りがあってあなどれないですね。
この時期は太陽の角度が浅いせいか、シーズン中に比べ、カメラの影の影響が大きいような気がしますね。オオイヌノフグリくらいの大きさだとコンデジでも影が気になってしまいます。
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 23:38 x
Ryochanさん、岡山の方が桜は遅いのですか、もっともこちら埼玉も東京よりは数日遅いですから、同じくらいかも知れないですね。
予報では今度の週末は天気悪そうですね。先週はそうでもなかったですが、週末というと天気が悪いパターンは困ったものです。
シグマのレンズは広角の場合レンズ前面から7cmという事ですから、これでいっぱいでしょうね。
もっとも絞り込んでいるのでもう少し近づけそうです。キタテハの場合ももう少し踏み込んだらレンズに翅が当たって逃げられてしまいました。
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 23:42 x
愛野緑さん、新成虫はもう出ているのでしょうけど、その日その日の微妙な条件で会えたり会えなかったり難しいですね。
でもフィールドの条件はそちらの方が断然良いですから、もうすぐでしょう。
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 23:46 x
彩さん、お久しぶりです。
前のジャスミンさんも良かったですが、こんどのHNも素敵ですね。
掲示板に平行してブログはおやりにならないのですか。
ブログは絵は貼れませんけど、掲示板にはない手軽さでそれぞれ良さがあると思います。
この時期赤茶色の蝶というとヒメアカタテハ、アカタテハ、キタテハといったタテハ類でしょうか。
また素敵な写真を見せてください。
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 23:53 x
幻四郎さん、お互い新しいレンズをようやく実戦で試す事が出来る時期になりましたね。
広角接写は自分の感じよりもさらに近づいた時に迫力が出るような気がします。
コンデジの広角はデジイチの28mm(一眼換算35mm)位のようですから、あまり17mmにこだわらずどのくらいが蝶の大きさと背景のバランスがよいかも見ておくと良いかも知れませんね。
その意味で、こまめに焦点距離を変えて撮影されているので感心しています。
Commented by ダンダラ at 2006-03-07 23:57 x
theclaさん、お加減はいかがですか。
春先のモンキチョウは、ミヤマモンキ同様にピンクがきれいです。寒冷な気候だと出るんでしょうか。
近づいた時のカメラの影にはほんと苦労します。おっしゃるように太陽の位置がまだ低いので仕方ないですが、この時期の蝶は太陽に向かって翅を開くのでどうしても太陽を背にしてしまいますね。
Commented by brue-nile at 2006-03-09 23:31
ダンダラさん、こんばんは。一番下のお写真、とっても綺麗な彩りで、
春の長閑さが溢れた、素敵な一枚ですね。

オオイヌノフグリの綺麗な青に、モンキチョウのサーモンピンクがマッチ
していて、本当に惚れ惚れするほど綺麗です。

素敵な作品に拍手喝采です…!!
Commented by ダンダラ at 2006-03-09 23:38 x
brue-nileさん、ありがとうございます。
この時期、モンキチョウの黄色とピンクの縁取りはまるでミヤマモンキチョウのようでとっても写真になります。
オオイヌノフグリは蜜の量が少ないので、数秒間しか吸蜜してくれず写真に撮るのは大変なんですが、たまたまゆっくりしてくれたので撮影できました。
個展シリーズ、楽しませていただいてますよ。今度は別の時期の絵も見せて頂けるそうでわくわくです。


<< 広角接写の練習・キタテハ      ヒョウモンチョウとコヒョウモンの区別 >>