2009年 03月 10日

小畔川日記(2009/3/9)

3月8日の日曜日は出勤、9日は1月の休日出勤の代休で休み。
ところが天気は終日曇天。気温はそれほど低くないが蝶の活動は期待できそうもない。
仕方ないので、継続観察中のムラサキシジミの様子を見に行ってみる。
家内が時々自転車で通るときに気にしてみてくれていて、まだ無事だということは確認済み。
写真ではコンデジで撮影しているように見えるけど、結局コンデジでは無理とわかってデジイチで撮影する。
f0031682_12294454.jpg

マテバシイの葉上で越冬中の2頭は今日も同じ葉にいたけど、よく見るとかなり翅が破損している。
おとなしくしているように見えても、気温の高い日には活動して、また同じ葉に戻るということを繰り返しているのだろうか。
f0031682_12312094.jpg

その後は川原に行ってみる。
ぶらぶら歩いてみるが、何も飛んでいない。
ムラサキシジミだけでは寂しいので、土手の斜面を歩いて止まっているモンキチョウを追い出してみることにした。
そうして、飛び出したモンキを撮影する。
このときは結局4頭ほどが足元から飛び出した。飛び出した個体は数mを飛んではすぐに止まるので、止まったところにそっと近づいてマクロで撮影する。
単なる静止写真しか撮れないけど、1週間ぶりにシャッターを押せるのでそれでも少しは満足できる。
f0031682_12321724.jpg

飛び出せば少しは飛び回るので、飛翔にも挑戦するが、空が雲で真っ白なので、露出がアンダーになって画面は真っ黒、調整しては見たものの良い写真は撮れなかった。
f0031682_12324291.jpg
モンキがいるとなれば、パスト連射の最終的な設定の確認もしたいので、止まったところにカメラを構えて待つが、不活発でなかなか飛ばない。上で手を振ってみたり、家内に脅かしてもらったりで何回かチャレンジした。
草の中から飛び出すので、なかなか思い通りの写真は取れないが、ピントを抜きにすれば何とか満足のいく設定に落ち着いたようだ。
後は数をこなして、偶然良い方向に飛び出すのを待つしかない。
f0031682_12315164.jpg
これからは勤務時間は13時までになるので、会議とかなければ飛んで帰って少しだけでも川原を歩いてみることにしよう。
----------------------------------------------------------
今日10日は良い天気なので大急ぎで仕事を片づけて、13:30に退勤、15時から川原に出てみる。
ところが川原に着く頃から雲が厚くなり始め、風も出てきた。
ま、おまけみたいなものだから気楽に歩いていると、モンキチョウが1頭飛び出した。
飛んでいく先を目で追っていると、小型の黒っぽい蝶がチラチラ飛んでいる。
もしやと思い近づくと、今年初のベニシジミ。
大急ぎで帰ってきた理由はこのベニシジミの初見を確認したかったから。
まずは証拠写真。期待した後翅の青紋はでていなかったけどうれしい。
f0031682_17563262.jpg

次に今年撮影しなくてはいけなくなったシャープな写真にチャレンジ。
標本と違って野外で隅から隅までピントのあった写真って意外と難しい。
絞り込めばいいのかもしれないけど、背景とか考えるとそれも避けたい。
とりあえずこんな感じかな。
f0031682_1757550.jpg
ニコンD200 1/350 f5.6 絞り優先 ISO 250

次に飛翔写真、ちょっと彩度が高いかな。設定を再度見直そう。
f0031682_17572378.jpg
カシオEX-FH20、1/2000 f3.8 絞り優先 ISO.200 シャープネス+2 彩度+1 コントラスト+2

by dandara2 | 2009-03-10 12:35 | 越冬 | Comments(16)
Commented by banyan10 at 2009-03-10 19:57
そちらでもベニシジミ発生ですね。
翅裏は全体にピントが合わせやすいでしょうが、ベニシジミなどの翅表は絞らないと難しいでしょうね。
パスト連写でも蝶が小さくなると難しいと思いますが、最後はよく撮れていますね。
Commented by cactuss at 2009-03-10 22:11
ベニシジミが発生しましたね。こちらではまだです。
例年、3月初めには見ているので、今年は発生が遅い様な気がします。
kenkenさんの累積気温からみるとギフチョウは早く出そうですが、実際は連年くらいになりそうな気がします。
最後の、ベニシジミの飛翔は見事ですね。設定は小生とほぼ同じです。あと露出をマイナス設定にしています。
Commented by ダンダラ at 2009-03-10 23:09 x
banyanさん、昨年は3月2日、一昨年は3月11日に撮影していますので、そろそろだろうと思っていましたが、なかなか天気と休みが一致せずに少々もどかしい思いをしました。
今週末には一気に春の蝶がでるのではないでしょうか。
ベニは小さくて、デジイチでの飛翔撮影はなかなか難しそうなので、とりあえずこんな形で撮影できれば良いですね。
Commented by ダンダラ at 2009-03-10 23:12 x
cactussさん、関東は天気が悪くて気温の低い日が続いているので、発生は例年並みに落ち着きそうですね。
早くでても必ずしも休みに重なるとは限らないので、いつも通りの出撃になってしまいますね。
カシオの設定、私も-0.7の露出補正をしていますが、この時は設定し忘れました。
電源を入れるたびにこの値がクリアされてしまうのがうっとうしいです。
デジイチと同じように基本設定として登録できると良いのですが。
Commented by maeda at 2009-03-11 06:15 x
パストでの飛翔写真を見るとき、いつも思ってしまうことがあります。
撮り方として自然に飛び立つところを撮るのでなく、脅して飛び立たせる事が多いと思いますが、これが本来の飛び立つ姿なのかどうか、この点が頭から離れません。
どうなのでしょうかね?
Commented by ダンダラ at 2009-03-11 16:51 x
maedaさん
飛び方を見ると、驚かされた場合はやはり自主的に飛び立つ時とは違うようですね。
垂直に飛び上がったり、止まっていた茎などからすとんと落ちてから飛び立つようなケースが多いように思います。
気温が上がって活発になってくると、吸蜜などの後すぐに飛び立つのであまり驚かすと言うことは必要ないようですね。
ちなみに、このベニシジミは自発的に飛び出したものです。
もっともカメラを近づけたから驚いて飛び出したのかどうかまでは良くわかりません。
そのあたりになると、スクランブルで飛び出すのと大差ないようにも思えますが、これから色々なケースを撮影して比較すれば何らかの答えが見つかるかもしれませんね。
厳密に考えると広角や魚眼で追いかけて撮る場合も、チョウは避けたり逃げたりしているわけで、どこまでが自然な飛翔と考えるか、なかなか難しいですね。
Commented by ainomidori443zeph at 2009-03-11 20:43
banyanさんも既に撮影されていますが、ダンダラ さんもベニシジミデビューですね!例年この時期には見られているのですね。こちらではまだモンキチョウだけです。来週頃には見られるかな?
Commented by thecla at 2009-03-11 23:14 x
この時期のベニシジミは、本当に綺麗ですよね。これで欧州のように複数の種類がいたら絶対人気になると思うのですが。
私、まだ新成虫撮影していません。もうとっくに出ているはずなのですが、地元を見て回る時には寒かったりしてイマイチタイミングが合いません。今週末こそ楽しめるといいのですが。
Commented by ダンダラ at 2009-03-11 23:27 x
愛野緑さん、あはは!! そうですね。ベニシジミデビューです。
大体この頃ですね。モンキチョウから1ヶ月くらいかかっていますね。
もう2.3週間でギフ、1週間でミヤマセセリという感じですね。
楽しみです。
Commented by ダンダラ at 2009-03-11 23:30 x
theclaさん、おっしゃるようにベニはきれいだと思います。
珍しければかなりの人気者になると思うんですが。
珍しいかどうかでなく、厳しい試練を生き抜いたものをきれいに撮りたいと思ったりしますが、すぐになれて見向きもしなくなってしまいます。
今週末、特に日曜は天気も良さそうだし、気温もそこそこになりそうなので、楽しめるのではないでしょうかね。
Commented by fanseab at 2009-03-12 07:34 x
<どこまでが自然な飛翔と考えるか、なかなか難しい… この議論は悩ましい命題です。要は不自然な飛翔を連想させなければ、良しとするしかないでしょう。確かにパスト連射は切取れる状況が限られてしまうのが欠点ですが、コツバメのような対象はパスト連射の独壇場でしょう。最後のベニシジミはいい感じですね。
Commented by chochoensis at 2009-03-12 09:29 x
ベニシジミ・・・初認おめでとうございます!流石ですね・・・小生、未だ確認していませんので羨ましいです・・・。飛翔写真も見事です!!!
Commented by ダンダラ at 2009-03-12 12:23 x
fanseabさん、おっしゃるとおりだと思います。
ただ、意識して撮影しておくと、蝶の行動の変化も記録できて、それはそれで面白いものになるかもしれませんね。
シルビアやクロツがすとんと落ちてから飛び出すとは、こういったカメラで撮影するまで気がつきませんでした。
コツバメの飛翔はこの春ぜひ撮影したいものです。
もう2週間もすればそれなりの成果が出るのかなと思っています。楽しみです。
Commented by ダンダラ at 2009-03-12 12:26 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
ベニは今のところ、自宅近くの公園前の川原が多いみたいです。
といっても数頭ですが。
飛翔写真はカシオは手軽に撮れるので、後で成果を見る楽しみが増えました。
といってもまだ設定の確認中なので、これはといった写真は撮れていませんが。
Commented by grassmonblue at 2009-03-12 19:10 x
EX-FH20での飛翔、すばらしいですね。
こんなにきれいに撮れるものとは、びっくりしています。
やはり努力しなくちゃ・・・と思いました。
Commented by ダンダラ at 2009-03-12 21:57 x
grassmonblueさん、ちょっと細かに設定を書いてみましたので、参考にしてみて下さい。
本番ではコントラストを+1位にして撮影しようかなと思っています。
それと、露出補正は-0.3くらいが丁度良いかもしれないです。
被写体となるチョウの翅の明るさにもよるかもしれませんが。
いよいよ活躍の場が始まりますね。


<< 小畦川日記(2009/03/12)      あさひかわらばん >>