2009年 02月 15日

小畦川日記(2009/2/15):モンキチョウ飛翔

2月13日に春一番を吹かせた低気圧の影響で土曜日は東京でも22.9℃という記録的な暖かさ。
今日はそれほどではないけれど、天気もまあまあで気温も17℃くらいある暖かい一日。
やっと休日出勤も終わり(3月にはまた何回か有るけど)、朝ゆっくり起きてから自宅前の川原でモンキチョウの撮影を楽しむ。
今日の目的はカシオのEX-FH20の設定の試し撮りと、D300での飛翔撮影、それに普通にマクロで吸蜜などが撮れればいい。
今日の川原は風もなく暖かいので、散歩の人が多い。ほんとは人の目を気にすることなく写真が撮りたいけど、気持ちの良い散歩日和の日だから仕方ないだろう。
写真はFH20をかまえてモンキが飛び出すのを待っているところ。
f0031682_1994016.jpg

撮った写真がこれ。画質に関してはかなり良くなったけど、コントラストとかに関してはもう一回設定のし直しが必要みたいだ。
f0031682_1910077.jpg
カシオEX-FH20、1/2000 f4.4 絞り優先 ISO.200

こちらはキタテハが飛び上がったところ、モンキにしろキタテハにしろ、飛び上がるときにはけっこう真上に飛び上がる。
草むらから飛び上がるにはそういったことが必要なのかな。撮影してみて初めて分かった。
f0031682_191022100.jpg
カシオEX-FH20、1/3200 f4.3 絞り優先 ISO.200

D300でも飛翔を狙う。
捉えたという感触はカシオのカメラと違ってないけど、撮影した写真はこちらの方が良いかなと思う。
それぞれ撮れる写真の内容が違うから、目的別に使い分けるのが良いのだろう。
f0031682_17591542.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f10.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

f0031682_17332879.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f10.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

f0031682_17343113.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f9.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

11時30分を過ぎる頃から吸蜜に来るようになり、咲き始めた関東タンポポで吸蜜したり
f0031682_19125613.jpg
ニコンD200 ニコンAF-S マイクロニッコール105mm 1/1500 f6.3 絞り優先 ISO.250

オオイヌノフグリで吸蜜する個体が撮影できた。
この時期、オオイヌノフグリで吸蜜する個体は絵になるので好きだ。
f0031682_19131172.jpg
ニコンD200 ニコンAF-S マイクロニッコール105mm 1/1250 f6.3 絞り優先 ISO.250

そういえば、昨日息子の家に行っていた家内が近くの酒屋で見つけたといって買ってきてくれた。
1本だけ有ったらしい。良い写真が撮れたときにこれで祝杯をあげようと思う。
f0031682_19133690.jpg


by dandara2 | 2009-02-15 19:15 | 飛翔 | Comments(18)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2009-02-15 21:24
カシオの写真、パスト連写ていうのですよね。チャンスを逃がしませんね。D300の方が私にはしっくりくる気もいたします。しかし、モンキチョウ早いですね。関西でもブログ仲間が撮影成功していますので、私にもチャンスありそうです。やはり河川敷がエエポイントのようですね。
Commented by banyan10 at 2009-02-15 22:53
飛翔が撮影しやすい蝶は一眼の方がいいでしょうね。
カシオで撮ったモンキは背景の画質が良いですね。
飛び立つときに垂直に上がるケースは本当に多いですね。僕もそれもあって縦位置で撮影する割合が多くなりました。
Commented by ダンダラ at 2009-02-15 23:17 x
ノゾピーさん、カシオのパスト連射はとりあえず飛翔を押さえるには最適かもしれません。
何しろシャッターさえ押せれば何とか写ってはいますから。
ても使える写真の確率は追いかけてとるのとそう変わりはないように思います。
1回に40枚は確実に消費しますから、3回撮って1枚使えると確率は1/120。
D300で追いかけると5枚くらいは使えるのが撮れそうです。
モンキチョウは来週にはかなりの場所で見ることが出来そうですよね。
こちらは来週にはベニシジミを期待しています。
Commented by ダンダラ at 2009-02-15 23:22 x
banyanさん、モンキの飛翔に関しては一眼の方が断然撮りやすいです。
草むらから蝶が飛び立っても背景がうるさいことが多く、撮れていても使えない写真が多いように思います。
飛び立つときはやはり垂直のものが多いですか。
まず開けた空間に飛び出て、それから移動すると言うことなんでしょうね。
Commented by hirokou at 2009-02-16 01:07 x
飛翔写真は、蝶にバッチリのピントに構図も決まっていて流石ですね。
撮影データを載せておられるので参考にさせていただき、今年は見られる飛翔写真を撮りたいと思っています(^.^) 
丘陵ではモンキをまだ見ていませんが、モンキ・ミヤマセセリあたりそろそろかなと楽しみです。
Commented by ダンダラ at 2009-02-16 08:40 x
hirokouさん、久しぶりに息を切らして土手を上り下りしました。
今回は昨年とは違って広角より(19~21mm)にして、ピントは30cmに置きピン(レンズ前面からだと15cm位)に設定してチャレンジしてみました。
背景が広く写り、そのわりにチョウが大きく写ってなかなかいい感じだと気に入っているんですが、他のチョウ(ギフなど)でも通用するかどうか・・・
ちょっと難しいかな、走り回って現場を荒らすわけには行かないし。
Commented by chochoensis at 2009-02-16 16:54
ダンダラさん、受験の方がお忙しいかと思ったら・・・フィールドに出られているんですね・・・。なかなか精力的に行動されているので驚きました!それ西手も、最近は寒暖の差が大きいような気がします・・・もうすぐ=春=ですね・・・楽しみです。
Commented by 虫林 at 2009-02-16 18:41 x
シャープな飛翔写真ですね。来るハイシーズンに向けて、飛翔写真のプラクティスは楽しそうです。上から4枚目のD300での飛翔写真が、空をバックに広がりがあって気持ちがいいですね。
Commented by ダンダラ at 2009-02-16 21:19 x
chochoensisさん、受験の方は一段落しました。
昨日は時間の制約もなくのんびりフィールドに出て気持ちよかったです。
川原を歩いてもかなりの数のモンキが見られて、シーズンの始まりを感じました。
明日からはまた寒くなるようですね。
それでも朝、家を出るときに日の出の時間がだんだん近づいてくるのが実感できて、こちらもうれしいです。
Commented by ダンダラ at 2009-02-16 21:22 x
虫林さん、久しぶりに飛翔写真にチャレンジしましたので、一体ピントが合っているのか心配でしたが何とか撮れていました。
今回は広角側でチャレンジしてみましたが、背景もちゃんと写ってこんな写真もなかなか良いと思いました。
広がりがでて良いですね。
Commented by otsuka at 2009-02-17 21:44 x
この土日は暖かかったですね。この時期にモンキが入るとは思っていなかったのですが、先週のダンダラさんのブログを見て思い立ってモンキの多いところに行くと見れました。
そちらではモンキはこの時期に普通にいるのでしょうか。それとも今年の発生が早いのでしょうか。
いずれにしても、青空の下での飛翔は躍動感があってすばらしいです。
Commented by ダンダラ at 2009-02-17 22:48 x
otsukaさん、雪の少ない関東以西の太平洋側では大体モンキが発生したんでしょうかね。
こちらでは、その年の気温にもよりますが、大体2月中旬から下旬にモンキが発生します。
今年は暖かいのでいつもよりは早めに発生したようです。
モンキも少し工夫するとけっこうダイナミックな良い写真が撮れますね。
Commented by cactuss at 2009-02-18 20:58
パスト撮影を練習していますね。
こちらもギフチョウシーズンに向けて、これから練習しようと思っています。
よさそうな被写体がたくさん飛んでくれるといいのですが・・・。
Commented by ダンダラ at 2009-02-18 23:02 x
cactussさん、このカメラを買ったのが秋のシーズンだったので、まだそれほど使い込んでいないので、これから練習です。
ちょっと様子が分かってきました。
お互い良い写真が撮れるように頑張りましょう。
Commented by T.Urabe at 2009-02-19 22:33 x
 モンキチョウは可愛い蝶ですよね。私は大好きです。もう撮影されているなんて、すばらしい。
面白いカメラを購入されたのですね。早くたくさんの蝶が飛ぶ季節になってほしいものです。
Commented by ダンダラ at 2009-02-20 12:27 x
urabeさん、モンキチョウは色もきれいだし、活発だし、特にこの時期は被写体としては言うことないですね。
派手好みなので、モンシロチョウよりは数倍好みです。
カシオのカメラは面白いです。広角も普通にこなせて、秒40コマ撮影の機能もある。
しかもシャッターを押す前から写っているというのは、すごく面白いし有効です。
ミラーが介在するデジイチでは出来ないことが出来るという意味で存在価値がありますね。
Commented by Ryochan at 2009-02-22 09:53 x
毎年のことながら、早いですね。記事を読ませていただいていると、完全にシーズンインの感じですね。一枚目の写真を拝見すると、色々と設定を変えながら撮影を楽しんでいる姿が目に浮かびます。ちょっと変なおじさんぽいですが(笑)。でも、広角飛翔写真って難度が高いだけにうまく撮れた時の喜びも大きいんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2009-02-22 21:55 x
Ryochanさん、今日もモンキを見てきましたが、けっこうたくさん飛んでいました。
モンキに関してはもうシーズン真っ盛りの感じです。他のチョウはいませんけど・・
そう、変なおじさんに見えると思います。実際そうですけど。
パスト連射、デジイチでの飛翔、それにマクロの静止と3種類撮っていますけど、一番面白くないのがパスト連射、難しいのがマクロの静止、撮っているときには訳の分からないのがデジイチの飛翔という感じでしょうか。
後でPCでみて、ヤッターというのがデジイチの飛翔写真、次にマクロ、ストレス溜まるのはパスト連射ですね。
パストはカメラのモニターでは写ったように思っても、PCで見るとがっかりすることが多いです。
動画をPCで見たときのようながっかり感がありますね。
本格的なシーズンインまでには何とかこつをつかみたいと思っています。


<< 小畦川日記(2009/2/22)      小畦川日記(2009/2/8)... >>