2017年 12月 17日

◇◇企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~◇◇

----このお知らせは12月17日まで先頭に掲載します。記事はこの下になります。----

毎年、新宿御苑にて開催しております企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。

チョウの生態写真(約65点)のほか、絵、保全に関するパネルなどの展示を行います。

土日(16-17日)には、ミニ講演会も開催されます。

ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。

日 時:201712 12 日(火)~ 12 17 日(日)

      9:00 16:30(最終日は15:00 まで)

場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)

     「アートギャラリー」

     ※入場無料

     

アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10

        東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5

        東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5

    

内 容:チョウの生態写真・絵画・工芸品・チョウの保全に関するパネル、ほか

<ミニ講演会:1617日(土・日)に開催>  ※申込は不要です

 16日(土)  1 回目 11:00 11:30

          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)

        2 回目13:00 13:30

          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)

        3 回目15:00 15:30

          「チョウの写真・動画撮影を楽しむ」 佐々木幹夫・清水晶(日本チョウ類保全協会会員)

 17日(日)  1 回目 11:00 11:30

          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)

        2 回目13:30 14:00

          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)

以上、皆さまのご来場をお待ちしております。



# by dandara2 | 2017-12-17 10:00
2017年 11月 21日

小畔川便り(ムラツの小集団:2017/11/10,12,13,15)

11月10日、この日は最初にドングリの所のムラツが飛び出してしまったので、その後どうなったかなと様子を見に行ったら、うれしいことに戻ってきていた。

f0031682_15444361.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


さらにその近くには別のムラツもいて、合計3頭が1mくらいの範囲に止まっていた。

f0031682_15444373.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15443310.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


アカタテハも日光浴をしていた。

f0031682_15444484.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この日はムラサキシジミが見つからなかったので、車に戻りかけて、先ほどのムラツの様子を見ると、もう一頭が来ていて、先に葉に止まっていた個体がそれを気にするような仕草をしていた。

f0031682_15444466.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛んできた個体は、その後葉に止まって翅を開いた。

f0031682_15444367.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300



12日も様子を見に行く。

この日には、ドングリのところのムラツはいなくなっていた。
天気が良かったので飛び出したのだろうか。

ムラサキシジミが飛び出して翅を開いてくれた。

f0031682_15443447.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_15443466.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


家事の終わった家内も来たので一緒に探す。

黄葉しかけたけたイチョウに、ムラサキシジミが止まった。

f0031682_15443590.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

2.5mくらいの高さなので下からしか撮れなかった。

足元の枯れ葉からムラサキシジミが飛び出して、ツツジに止まった。

f0031682_15443339.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


木の間なので苦労して撮影。

家内がアラカシの葉に止まるムラサキシジミを見つけた。

f0031682_15442351.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


茶色い部分がある枯れ葉なので、もしかしたらここで越冬するかなと期待する。

13日は昨年ムラサキシジミの越冬集団が見られたところで、1頭のムラサキシジミを見つける。

f0031682_15442361.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


残念ながらこの1頭しかいなかった。

日向のサザンカの葉にムラサキツバメのメスが降りてきて翅を開いた。

f0031682_15442416.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日はあまり蝶がいなかったので、喜んで撮影した。

自宅に歩いて帰る途中で、川の対岸を見るとモンキチョウが飛んでいるのが見えた。

そういえば川原の蝶も撮影しておかなければいけないなと思って川原に降りる。

そしたらヒメアカタテハが飛んできてヨモギに関心を示している。

産卵しそうだなと思ってそっと追いかけると、ヨモギの小さな株に産卵した。

f0031682_15442428.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


念のためにその葉を見ると、小さな卵があった。

f0031682_16014815.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


15日、ムラツの場所に行くと、なんと3頭のムラツが止まっていた。

f0031682_15441225.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


もしかしたらここが集合場所になるかなと期待する。

13日に見つけたムラサキシジミはいなくなっていて、1mくらい離れた場所に別の1頭を見つける。

f0031682_15441216.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日は何頭かのムラサキシジミが翅を開いてくれた。

f0031682_15441244.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_15441373.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


帰りがけにムラツの3頭集団を確認に行くと、なんと4頭に増えていた。

f0031682_15441188.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


今後どうなるか楽しみだ。



# by dandara2 | 2017-11-21 16:08 | 越冬 | Comments(0)
2017年 11月 18日

再びクロツバメシジミ(2017/11/9)

11月9日は"森林里山巡り"のMorrieさんと、クロツバメシジミを撮影に行った。

この日は北風が強いという予報。

着いてすぐに蛹が見られた場所に行くと、この日は前蛹が見つかった。

f0031682_11122993.jpg
オリンパス TG-4


次に見つかったのはウラナミシジミ

f0031682_11122856.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


4日に来た時には家内が撮影したけど、私は気が付かなかったので、結構丁寧に撮影した。

f0031682_11122947.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11123092.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


飛び出したところも写っていた。

f0031682_11122916.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


チャバネセセリも熱心に吸蜜していて良いモデルになってくれた。

f0031682_11122175.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


クロツバメシジミはいるにはいるのだけど、なかなか良い所には止まってくれず写真が撮れない。

ようやくツメレンゲに止まってくれたけど、ちょっと傷んでいる。

f0031682_11122120.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


それでも日本ミツバチと一緒の写真が撮れた。

ツメレンゲの花穂のてっぺんに止まっていたので、おっ吸蜜かと思ってシャッターを押すけど、止まっているだけだったみたい。

f0031682_11122129.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


こちらはストローを伸ばしているけど、風が強くてクロツの体が揺れて、大半が黒くつぶれてしまった中で、ようやく翅に光が当たってくれた1枚。

f0031682_11122027.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


うまく撮れなくて苦戦しているときにモデルになってくれたのがアカタテハ。

f0031682_11122048.jpg

ニコン1V3 1ニッコール70-300


大きくてきれいなので、撮影のし甲斐がある。

f0031682_11120658.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


風が強いからなのか、活動するクロツバメシジミの個体数が少なく、吸蜜に来ないので撮影できない。


ようやく新鮮なクロツのメスが出てきてくれた。

f0031682_11120671.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


風が強いからか、コンクリの法面に止まったまま動かない。

f0031682_11120647.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


でも新鮮なメスだから、様子を見ていれば、吸蜜か産卵か、あわよくば交尾などのイベントが起こるかと思って、目を離さないようにしてじっと待つ。

15分待ってもただ止まっているだけ、そろそろあきらめようかと思った時に、ぼろのオスが飛んで来たと思ったら、このメスにアタックした。

メスはぱっと飛んで、近くの枯れ枝に止まり、オスが尾端を曲げた。

f0031682_11120725.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ヤッターと思いながらひたすらシャッターを押す。

f0031682_11120614.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


交尾が成立した。

f0031682_11112820.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


Morrieさんにも、交尾しましたよと声をかける。

ある程度撮影したところで、せっかくツメレンゲが咲いているので、その花に移動してもらうことにした。

f0031682_11112826.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11112989.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


撮影していたらハチが飛んできて、それにびっくりしたのか下に落ちてしまった。

それで別の花に移動させた。

f0031682_11112954.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


一通り撮影が終わって、ほっとしながら他の個体の様子を見たら産卵行動をとるメスがいた。

f0031682_11112868.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日は風が強くて、個体数が少なく、少しがっかりムードだったけど、この交尾が撮れたので気分よく帰ることができた。

Morrieさん、お疲れさまでした。



# by dandara2 | 2017-11-18 11:27 | 交尾 | Comments(6)
2017年 11月 15日

小畔川便り(ムラサキシジミ:2017/11/6,7)

3日に撮影した鳥の写真があるのを忘れていたので…

いつもの公園を歩いていたら、上空でピーピーというタカの声が…

見上げるとチョウゲンボウと思われるタカが舞っていた。

マクロレンズしかなかったけど、とりあえず撮影。

f0031682_07451383.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


かなりトリミングしてあります。

11月6日は最初にテングチョウの様子を見に行った。

f0031682_07451392.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

5日と同じ場所にじっとしていた。

ムラサキ兄弟を探すけど、なかなか姿が見えない。

頭の上でちらっと飛ぶ影が見えたので見上げると、ムラサキシジミがいて、そのうち翅を開いた。

f0031682_07451336.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この個体はそのうち下に降りてきて、マテバシイの葉の上で吸汁を始めた。

近くにはテントウムシがいる。

f0031682_07451319.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


開翅の気配がないし、テントウムシとのコラボが面白いので思わずいろいろとシャッターを押してしまった。

f0031682_07451226.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_07450499.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_07450413.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


最後にはアリさんまで参加してくれた。

f0031682_07450445.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ようやく翅を開いてくれた。

f0031682_07450519.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_07450473.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


オスが飛んできて地面で翅を開いた。

全開翅はしてくれなかったけど、落ちていたドングリと一緒に写すことができた。

f0031682_07445478.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


別個体も翅を開いた。

f0031682_07445578.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300



7日もテングチョウの様子を見に10時過ぎに行ってみた。

そしたら姿がなかった。

10月中旬の気温という日が2日間続いたので飛び立ってしまったのだろうか。

アカタテハが樹液に来ていた。

f0031682_07445549.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキシジミはアブラムシの排泄物で吸汁している。

f0031682_07442745.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そのうち開翅した。

f0031682_07445427.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


別の個体も出てきて開翅してくれたけど、気温が高いので体を半分日陰に入れている。

f0031682_07442765.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


せっかく開いてくれたのに、これだと難しいんですよね。


小飛して日向に出てきたので、広角でも撮影する。

f0031682_07442885.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


飛び出すところも撮影したけどうまくいかなかった。

f0031682_07442607.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ムラサキツバメも探したけど、先日のドングリの下の葉に止まっていたのはいなくなってしまい、この日はムラサキツバメは見つからなかった。



# by dandara2 | 2017-11-15 09:54 | 吸汁 | Comments(6)
2017年 11月 11日

小畔川便り(そろそろ冬支度?:2017/11/2,3,5)

11月2日は朝から晴れて気温も20℃を超えた。
けれども蝶はほとんど出てこなくて、ドングリのあるカシの木の上を飛ぶだけ。


もう一か所の方に行くと、ムラサキシジミが日光浴をしていた。

f0031682_17352135.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


こちらの場所は11時過ぎから日が当たるので、その関係だろうか。

ムラサキツバメが1頭ドングリの下の葉で静止している。

f0031682_17352293.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


もしかしたらこの辺りで越冬態勢をとってくれないかと思って撮影。

近くでもう一頭が翅を開いた。

f0031682_17352266.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


それ以上の姿が見れないので、車の方に戻る途中、人家の生け垣で白いサザンカが咲いている。

何かいないかと横目で見ながら歩くと、ちらっと動く影。

見るとテングチョウだった。

花に止まったと思うとすぐに離れて、落ち着きがなくて写真が撮れない。

それでもようやく写真が撮れた。

f0031682_17351379.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


近くの葉の上にムラサキシジミも止まっていた。

f0031682_17352146.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


こちらも飛び立って花の近くに止まる。

f0031682_17352268.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


光線の加減で紫がうまく出ないけど、なんとか花と一緒に写すことができた。


翌3日も晴れで、やはり20度を超える気温。
今日もムラサキ兄弟の数は少ない。

台風で飛ばされてしまったのだろうか。

それでもムラサキシジミのメスが1頭降りてきて翅を開いてくれた。

f0031682_17351313.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そうこうしていたら、テングチョウが飛んできてツバキの葉の間に止まった。

時間はまだ10時半くらいだけど、もう活動休止かなと思ってカメラを向ける。

f0031682_17351235.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少ししたら飛び立って、翅を開いた。

f0031682_17351233.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そしてまた飛び立って、今度はサザンカの葉の間に潜り込んだ。

ここは例年ウラギンシジミの越冬が見られるところなので、もしかしたらここで越冬するかもしれないと期待しながら証拠撮影。

f0031682_17345608.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


11月4日は下の記事のように、秩父にクロツバメシジミの撮影に行く。

5日、まだテングチョウはいるかなと期待しながら公園に行く。

すぐにカシの葉の上で翅を開いているムラサキシジミが見えたので喜んで撮影。

f0031682_17345514.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


比較的傷みの少ないメスだった。

光線の角度で翅の色は本当にいろいろ変化する。

f0031682_17345642.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


テングチョウはまだそのまま越冬態勢だった。

f0031682_17345563.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そこにbanyanさんが見えたので、テングチョウが止まっていますよとお教えする。

近くにアカタテハが飛んできて翅を開いた。

f0031682_17345502.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキシジミが飛んできて葉の間に潜り込もうとしたがすぐに飛んでしまった。

f0031682_17342202.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ウラギンシジミも葉の裏に止まって、このまま越冬するのかなと期待する。

f0031682_17342308.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


キタキチョウがツツジの生け垣の周りを探るようにして飛んでいるので、どこかに潜り込むかなと見ていたら、期待した通りツツジの葉の裏に止まった。
f0031682_17592198.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


車に戻る途中で、もう少し様子を見ると、クズの葉の上でムラサキシジミが翅を開いていた。

f0031682_17342342.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキツバメが2日と同じような場所に止まっている。

f0031682_17342300.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ムラサキシジミも葉の間に潜り込むようにして止まっていた。
f0031682_17342273.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


3頭を確認したけど、まだ緑葉上なので、越冬場所という感じではないようだ。

そろそろ越冬態勢に入るものもいるかなと期待したけど、この後も気温の高い日があって、結局この日に観察したもので越冬に入ったものはいなかった。



# by dandara2 | 2017-11-11 18:05 | 越冬 | Comments(13)