2017年 05月 26日

ツツジと黒系アゲハ(カラスアゲハの異常型:2017/5/12.16)

5月12日と16日はツツジに来るアゲハを求めて再度群馬の山に行ってきた。

両日とも孫の母親が自宅で療養中なので、時間の制限は少ないけど、学校から帰ると一番にこちらに来るので、あまりがっかりさせないようにのんびりはできない。

12日は9日に行った時とツツジの様子はあまり変わらず、ヤマツツジが盛りで、オオムラサキツツジはこれからという感じだった。

この日は、9日に壊れたミヤマカラスアゲハしか撮れなかったので、その撮影が目的。

一応撮れたけど、ヤマツツジの咲いている場所は日陰になる場所なので、発色が難しい。

f0031682_10351592.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも撮影している時の感じよりはいい色を出すことができたように思う。

f0031682_10351416.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10351402.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも何となくすっきりしないので、16日にも再度出かける。

さすがにこの日になるとヤマツツジは花も傷んできて、アゲハ類もオオムラサキツツジに吸蜜に来るようになった。

f0031682_10350411.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛んだところも撮れている。
f0031682_10350314.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオムラサキツツジは日当たりの良い場所に咲くのでこちらの方が良い色が出てくれる。

f0031682_10345229.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


花に潜り込んで顔が撮れないことが多いので、飛び立つところも撮影する。
f0031682_10345341.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_10345311.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ミヤマカラスアゲハも、新鮮な個体がいてモデルになってくれた。

f0031682_10344607.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200



家内の撮影したこのミヤマカラスアゲハはかなり輝きが強い。
f0031682_10344695.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらの個体はかなり暗めの感じだ。
f0031682_10345292.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内はツツジの周りを飛ぶミヤマカラスアゲハを良いアングルでとらえていた。

f0031682_10345360.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影していたら、派手なカラスアゲハが飛んできた。

後翅の赤紋列がやけに大きい。

f0031682_10350451.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


エッ異常型!! と思ってとにかくシャッターを押す。

その時には裏面に注意が行っていたけど、後で写真を確認すると後翅の翅表も結構すごい。

f0031682_10350379.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10350351.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


形態的なことには疎いので、久しぶりに藤岡大図鑑を引っ張り出してみたけど、後翅の赤紋の大きな異常型はあったけど、翅表のこのタイプのものはなかった。

f0031682_10351316.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は一回しか吸蜜に来てくれなかった。

帰りがけにハルジオンの咲く空き地を見たらウスバシロチョウがたくさん飛んでいた。

翅を通して花が透けて見える写真を意識して撮影したけど、家内の方が出来が良かった。

f0031682_10344739.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10344650.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


12日にクモガタヒョウモンを見かけたのでゆっくり探してみるけど、クモガタは見つからなかった。

その代わり金色のウスバシロチョウを見つけた。

f0031682_10343869.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


金色というのは少し大げさだけど、普段見かけるウスバシロチョウよりは明らかに黄色かった。

f0031682_10343760.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ハルジオンにはサカハチチョウも来ていた。

カメラを向けたら飛び立ったので飛んだところが撮れた。

f0031682_10344616.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


D500のピントの追尾性能は優秀で、うまくはまるとこんな感じできれいにピントを合わせ続けてくれる。


この個体はこの後花に止まって吸蜜を始めた。

f0031682_10343701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それを撮っていたら、今度はダイミョウセセリがちょっかいを出してきた。

f0031682_10343715.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ダイミョウセセリもテリハリをして、飛んでくるものには何にでもちょっかいを出してくるけど、ちょうどタイミングよく撮影できた。



※自然写真家で、日本チョウ類保全協会の会員でもある永幡 嘉之氏が "くらべてわかる昆虫" という本を「山と渓谷社」から出された。
専門的な本ではなく、子供たちが見つけた虫などを探すのに役立つ図鑑だけど、それだけに終わらない素晴らしい本だと思う。
私の写真も40枚くらい使っていただいたけど、こんな形で自分の写真が残るのはうれしいものだ。




# by dandara2 | 2017-05-26 12:18 | 異常型 | Comments(7)
2017年 05月 24日

白馬のリュードルフィア(2017/5/14)

5月14日は白馬にギフを撮影に行く。


白銀の山々に囲まれた白馬の里は、いつ来ても素晴らしい。

f0031682_08544334.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

季節が進んでいるので、かなり山の雪も融けているようだ。

この時期だからイエローバンドが撮れると嬉しいけど、えり好みをせずにきちんとカメラを向けることにする。

ヒメギフが飛んできて、カタクリの葉に止まった。

f0031682_08544465.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

思ったよりは痛みが少ない。

飛び出したところも偶然写っていた。
f0031682_08544423.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ヒメギフは仙台群馬に次いで長野で3回目のチャレンジになる。


ヤマエンゴサクで吸蜜している個体を家内が撮影していた。

f0031682_08544409.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し距離が遠いのが残念だけど、ヤマエンゴサクでの吸蜜はたぶん初撮影。

スミレでも吸蜜してくれた。

f0031682_08543333.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やや赤の上がった個体だ。

f0031682_08543226.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


下草に止まったので、飛び立つところにもチャレンジした。

f0031682_08543976.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_08543987.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

 

この時期にしては痛みの少ない個体で、ピントもあってきれいに撮影することができた。

f0031682_08543906.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ギフの方は個体数が少なくて、最初は苦戦したけど、12時近くなって吸蜜する個体がいてようやく撮影できた。

f0031682_08544020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カタクリは終わりに近いので、スミレで吸蜜している。
f0031682_08543877.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は後翅外縁のオレンジ斑淡く、いかにも白馬のギフという感じがする。(あくまで感じですが)

f0031682_08544310.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


13時近くなって、そろそろ帰ることを考え始めた時に、1頭のギフがカタクリに止まった。

少し日陰のカタクリで、そのせいかまだきれいだったので、大急ぎで駆けつけて撮影。

数枚撮影したら飛んでしまった。

カメラのモニターで確認したら……前翅の縁が白いし、尾状突起も白の縁取りで囲まれている!!

f0031682_08543246.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ラッキーなことにイエローバンドだった。


少し時間があるので、近くのヒメシロチョウも見に行くことにした。

行ってみると、ちらちらと飛んでいるのが見える。


産卵しそうな雰囲気のメスがいたので追いかけていると、ツルフジバカマに止まって産卵を始めた。

f0031682_08542732.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

尾端の先に生み出された卵も写っていた。


家内も別個体の産卵を撮影していた。

f0031682_08542712.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


タンポポでの吸蜜も撮影していた。

f0031682_08542626.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


たぶん今年最後のギフ撮影になるだろうけど、今年はイエローテールも撮れたし、古葉への産卵も撮れたし、・中・下越のギフも撮れたし、ギフに関してはいい年だったかなと思って気分良く帰ることができた。



# by dandara2 | 2017-05-24 09:09 | 吸蜜 | Comments(12)
2017年 05月 22日

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵2017/511)

5月11日、そろそろジャコウアゲハが産卵しているのではないかと自宅前の川原を歩いてみる。

川原はヤグルマソウの花盛りで、ブルーの花がきれいだ。

そこにヒメウラナミジャノメが吸蜜に来ていた。

f0031682_06260272.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この花ではあまり吸蜜している蝶がいないのでびっくりし、大喜びで撮影する。

f0031682_06260117.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ほかにはツマグロヒョウモンも来ていた。

f0031682_06243767.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_06243657.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメウラナミジャノメは黄色の花(ヘビイチゴかな)にも来ていた。
f0031682_06243751.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_06243628.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ジャコウアゲハのいる場所に来ると、メスがウマノスズクサに絡みながら飛んでいるのが見える。

f0031682_06254542.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


何度もウマノスズクサの周りを飛んでいるけど、この写真のように周りの草からすっと伸びたものは好みではないようだ。

f0031682_06260189.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_06260161.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


草に埋もれるように生えていて、止まりやすい葉を見つけると尾端を曲げて産卵を始める。

f0031682_06254572.jpg
ニコン1J5 ニッコール10.5


家内の撮ったこの写真では、最初に産んだ卵は透き通るような感じで何か変な感じ。
f0031682_06254590.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


次に生んだ卵は少し赤黒く見えるけど、これが何時もの卵の色だろうか。

f0031682_06254504.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


産卵を終えたメスは、近くの葉に止まって休んでいた。
f0031682_06254455.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


蛹が付いていた木を見ると、無事羽化した後の蛹がいくつかついていた。

f0031682_06260298.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


寄生率はそんなに高くないようだ。



# by dandara2 | 2017-05-22 06:30 | 産卵 | Comments(6)
2017年 05月 18日

黒系アゲハとアオバセセリ(2017/5/9)

5月9日は群馬の山に黒系アゲハの様子を見に行った。
息子のお嫁さんがまだ会社を休んで家にいるので、孫の帰りの時間を気にせずに撮影に専念できる。

行ってみると、時期的に少し早かったようで、ツツジの花はヤマツツジが盛りで、オオムラサキツツジはまだ蕾がほとんどで2.3分咲きといったところ。

カラスアゲハが数頭飛んでいるけど、オスがメスを探して木の梢を飛んでいて吸蜜には降りてくる気配がない。

そのうち吸蜜時間になるだろうと気長に待っていると、12時を過ぎたころにやっと吸蜜に降りてきたオスがいた。

f0031682_11201148.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオムラサキツツジには目もくれず、ヤマツツジで吸蜜を繰り返す。

f0031682_11201106.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11201172.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうちミヤマカラスアゲハも来てくれた。

f0031682_11201234.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


大喜びでシャッターを押すけど、後翅が破損している。
f0031682_11201103.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも翅表の輝きが撮れたのでとりあえずは満足。

f0031682_11200461.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11200416.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後は全くチャンスがなく、スミナガシのテリハリ時間が来たので様子を見に行くけど、こちらも姿はなかった。

時期的に早いのかもしれない。

とりあえずは零敗は免れたので、山を下りることにする。

スミナガシのテリハリをあきらめれば、自宅から1時間くらいなので、孫が学校に行っている間に再挑戦はできる。

山麓に降りてきたら、ミツバウツギがきれいに咲いている。

もしかしたらと思って車を止めてみると、アオバセセリが来ていた。

f0031682_11195832.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は帰りの時間を気にしなくていいので、ここで少し時間をとることにする。

少し距離があるので家内には70-300付きの1V2を使ってもらうことにする。

結果的にはこれがよかったようで、ここでは家内が良い写真を連発していた。

f0031682_11200432.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_11200531.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


4,5頭の個体がいたようで、途切れることなく吸蜜に来てくれたので、静止写真は家内に任せてBMCで飛び立つところを撮影する。
f0031682_11195878.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11195780.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300



家内もそれを真似て人力バスト連射を始めた。

f0031682_11200527.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


秒15コマなので、飛び出しそうだと思ったらシャッターを押していると、空振りも多いけどそれなりに撮れている。
f0031682_11195882.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


吸蜜中の個体に向かっていく写真もきれいに撮れていた。

f0031682_11195709.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


吸蜜している個体から少し離れたところに別の個体が吸蜜していた。

一度に2頭を入れるには微妙な距離で、もう少し近づいてくれないかとみていたら、一頭が別の花に吸蜜のために移動した。

f0031682_11195275.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11421833.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう一頭がそれに気が付いてその個体に向かって飛んでいくので、ここぞとばかりシャッターを押す。

f0031682_11195292.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11195239.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内も同じ狙いでシャッターを押していたけど、あとで写真を見たら家内の方がタイミングもピッタリで全然出来が良かった。

f0031682_11195191.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

帰りにはお気に入りのSAで、食事をとり群馬の物産品を購入して帰宅した。



※ clossianaさんから、別の個体に飛来するアオバセセリの口吻が伸びている点についての質問がありましたが、それについての回答に関係する写真を追加で載せておきます。

f0031682_21380706.jpg
2010年の11月に沖縄で撮影したものですが、左側のオスに求愛されているメスが口吻を伸ばしています。
この時は吸蜜とは全く関係ありませんでした。



# by dandara2 | 2017-05-18 12:03 | 吸蜜 | Comments(14)
2017年 05月 16日

群馬のヒメギフチョウ(2017/5/8)

5月8日は息子のお嫁さんが無事退院することになった。
病院には向こうのお父さんが迎えに行ってくれ、孫はこの日はお昼で学校が終わるので、家内が家で待っていることになった。

足がうまく曲げられないので、1週間くらいは自宅で静養することになるそうだけど、とりあえずは良かった。

私はというと、特に用がなくなったので一人で群馬のヒメギフチョウを見に行くことにした。

車を置くと群馬ナンバーの車が来て、ヒメギフチョウの保護をしているという人が話しかけてきた。

密猟の人が入って、成虫以外にも卵や食草を盗んでいくということで憤慨していた。

ポイントに着くとヒメギフが飛んでいるのが目に入った。

今日は撮影できるかなと少々安堵したら、これが全くの当て外れ。

個体数が多くない上に、気温が高いので全く止まらない。


それに吸蜜源のスミレの数が非常に少ない。

この前来た時に、シカの糞が非常に多かったのが気になったけど、そんなことが関係あるのかなという気がした。

仕方がないので、とりあえずは飛翔を撮影して保険をかけておくことにする。

f0031682_06072180.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


なかなか撮影距離には近づいてくれなかったけど、一度だけ近くを通り過ぎてくれた。
f0031682_06072185.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


スミレにはなかなか来てくれそうもないので、お気に入りのポイントはあきらめて、どこか適当な場所はないかと近くの斜面をうろうろする。

少し離れた場所で、ヒメギフが一瞬スミレに絡むのが見えた。

見てみると、斜面にスミレが一株咲いていて、そこがヒメギフの巡回コースになっているようだ。

巡回してきたヒメギフが、短時間このスミレで吸蜜することが分かったので、ここで撮影することにする。

吸蜜時間が短いので、1V3のBMC機能を使って、ヒメギフが飛んで来て、スミレに止まったと思ったらすぐにシャッターを押すことにする。

狙い通りに来てくれたので、ファインダーにヒメギフの姿が入ったらすぐにシャッターを押したけど、慌てたのか画面の端になってしまった。

f0031682_06072133.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-200


それでもとりあえずはスミレ吸蜜が撮れたので、今度はD500できちんと撮影することにする。

スミレの周りを少し掃除して、10分ほど待つとまた飛んできてくれたので、今度はきちんと狙って撮影。

f0031682_06072091.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し横からになってしまったので、後翅の赤上がりがはっきり写る正面側に移動したいけど、斜面で足場が悪く動けない。

隣のスミレに移動してくれたので、少しだけ後翅の赤上がりを入れることができた。

f0031682_06071460.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


数秒で飛んで行ってしまったので、顔を上げて前の方を見ると別の個体が飛んできて少し離れた枝先に止まった。

これは飛び立ちを撮るチャンスということで、そっと近づいて1V3をかまえる。

1V3はピントが合うまでに時間がかかるのでイライラするけど、なんとか飛び立つ前にピントが合ってくれた。

f0031682_06071562.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-200


後はうっかりシャッターを押さないように注意して待つ。
(この失敗が結構多くて、指がぴくっと動くとそれでアウト。撮影された40枚の写真をメモリーに書き込むのが終わるまで1分以上待たされる)

幸いそれほど待たされることなく飛び立ったので、無事飛び立ちの瞬間が撮れた。

f0031682_06071539.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-200

f0031682_06071564.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-200


先ほどのスミレにはミヤマセセリも吸蜜に来た。
f0031682_06072290.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は地元の小学生の遠足があって、にぎやかな声が聞こえてきたので、少し離れたところに移動してヒメギフの様子を見るけど、個体数が少ないし全く止まらない。

子供たちもお昼のお弁当を食べたのか移動し始めたようなので、元の場所を見に行くけどヒメギフの姿はなかった。

昼食を食べている間も様子を見ているけど、少し雲も出てきたので、あきらめて山麓にスギタニルリを撮影するために移動した。

途中、小学生の列を追い越しそうになったので、様子を見ながらゆっくり降りてスギタニルリのポイントにつく。

荷物を置いて撮影の準備をしていたら、すぐに車が来てヒメギフ保護の会の会長さんが話しかけてきた。

小学生の引率の先生から、挙動不審の男がいるという情報でも入ったみたいにタイミングがいい。

誤解されても嫌なので、名刺を渡して話をすると、以前にも一度お会いしたことがあったようで、覚えておられてcactussさんのお名前も出たりして和やかにお話ができた。

上で撮影したヒメギフの飛び立ちの写真などをお見せすると、良かったですねと喜んでくれた。

誤解が解けたのか、お話をした後すぐに帰られたので、スギタニルリシジミの撮影にかかる。

水場に3.4頭のスギタニがちらちら飛んでいるけど、少し時期が遅かったようで新鮮な個体はいない。

何枚か吸水シーンを撮影する。

f0031682_06071448.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06070918.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


f0031682_06070954.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

その後、翅表を撮ろうと飛び立ちを狙うけど、背景と紛らわしいせいかピントが合わない。

何回か撮影した中に1回だけピントの合った写真が撮れていた。

f0031682_06070946.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_06070824.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここにはミヤマセセリもいて吸水したりしていた。

f0031682_06070922.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメギフの保護をされている方ともいろいろお話をして、保護に本当に真剣に取り組んでおられる様子がよく分かった。
そんな点でも有意義な一日だった。




# by dandara2 | 2017-05-16 06:31 | 飛翔 | Comments(4)