2016年 09月 30日

秋の蝶3種とうれしいおまけ(2016/9/25)

9月25日はシルビアシジミを探しに出かける。

ここ数年シルビアシジミに関してはあまり良い状況ではないので、今年はどうかなと思いながら、できれば一か所でミヤマシジミとツマグロヒョウモンも撮影できそうなところに行く。

現地に着くと、数人の方がカメラを構えてかがんでいるのが見えたので、ああいるのかなと思いながら車を止める。

よく見るとbanyanさん、ヘムレンさん、dragonbutterさん、それにみき♂さんたちだった。

挨拶をして、シルビアはどうかと聞くと何頭かいますよということで一安心。

ミヤコグサで吸蜜している個体がいたのでカメラを向けると別の個体が飛んできた。

f0031682_09540610.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して、でもちょっと変だなと思って確認すると、最初に吸蜜していた個体はヤマトシジミだった。

ミヤコグサの花はあまり咲いていなくて、吸蜜写真は良いものが撮れなかった。
ここは草刈りが多すぎる感じがする。

f0031682_09540759.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は、メスのシルビアにオスが求愛するシーンを撮影していた。

f0031682_09540629.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


産卵シーンは、見つけて近づく前に飛ばれて苦戦した。

f0031682_09540322.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


それでもある程度撮影できたので、広角でも撮影する。

f0031682_09540303.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


banyanさんたちは、ツマグロキチョウなどを撮影しに移動するという。

我々は、ここでミヤマシジミやツマグロキチョウがまだいるかどうかが気になったので、そちらを確認することにしてお別れした。

歩き始めたらウラナミシジミがコマツナギに産卵しようとしている。

f0031682_09535919.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


確かにマメ科だから不思議ではないのかもしれないけど、ここにも産卵するんだーという感じだった。
f0031682_09540313.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラナミシジミは、少し湿った地面で3頭も吸水していた。

f0031682_09535973.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ミヤマシジミのポイントでは、昨年ちょっと立ち寄った時には見つけられなかったので、まだ残っているのかが気になっていた。

小さなコマツナギの株はたくさんあるけれど、発生の中心にあった大きな株が元気がなくなっている。

最初に交尾個体を見つけたので、オオっと思ったらツバメシジミだった。

f0031682_09535915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあなんにしても交尾個体を撮影できるのはうれしい。

注意してみていると、何頭かのミヤマシジミも見つかった。

f0031682_09535924.jpg
家内撮影 ニッコール55-200

f0031682_09535379.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つときにきれいな翅表を見せてくれる。
f0031682_09535313.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


あまり新鮮な個体はいなかったけど、それでもオスが翅を開いてくれた。
f0031682_09535312.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあまあ新鮮なメスも見つかった。
f0031682_09534873.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


無事発生が継続されていて、環境も大丈夫そうなので一安心。

ツマグロキチョウを探しに行く。

もともとここにはそう多くの個体はいなかったけど、まだ生き残っているのだろうか。

歩いていたら家内が「アー」という。
何かと思って立ち止まって一歩動いたら、「アアー」という悲鳴(でもないか)。

足元を見るとウラギンシジミの集団があった。

一頭飛んできて全部で10頭の集団になった。

f0031682_09534861.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラギンシジミのこんな集団は初めて見た。

地面が少し盛り上がっているので、獣糞か何かがあるのだろうか。

f0031682_09534882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


枯葉でおおわれて、あまり見苦しくないのがいい。
f0031682_09534266.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これがこの日の一番うれしい出会いだったかな。

近くにはアサマイチモンジもいた。

f0031682_09534281.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


見ると産卵しそうな気配。

家内が撮った写真には、2卵が産み付けられていた。

f0031682_09534288.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


私は産卵の瞬間を撮ったつもりだったのに、後で見ると、飛び上がった後翅と産卵された卵だけが写っていた。

f0031682_10162743.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



ここには目的のツマグロキチョウもいた。
f0031682_09534388.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


周囲の草がやや茂り始めていて、カワラケツメイもよくわからない。

f0031682_09534211.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


それでも何頭かが飛んでいたので、とりあえずの確認が出来て安心して帰ることが出来た。



# by dandara2 | 2016-09-30 10:20 | 吸汁 | Comments(0)
2016年 09月 27日

小畔川便り(ヒガンバナとジャコウアゲハ:2016/9/21)

9月21日はようやく明るいうす曇り。
ヒガンバナはそろそろ満開かなと思って再度様子を見に出かける。

着くとすぐに家内が手招きしている。
ツマグロヒョウモンが交尾しているとのこと。

f0031682_17272054.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


近づくと飛んで足元の階段にとまった。

f0031682_17272119.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮影していると、もう一頭のオスが飛んできて絡んだ。

f0031682_17272107.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このオスはずいぶん長いこと努力していたけど、結局はあきらめて飛んで行った。

ヒガンバナのところに黒いアゲハがいる。
急いで近づくとクロアゲハのメスだった。

f0031682_17272129.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


さらにキアゲハも吸蜜に来た。

f0031682_17272064.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し先を見ると、今度はジャコウアゲハが吸蜜に来た。

f0031682_17271467.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ジャコウアゲハがヒガンバナに来るのは初めて見たので、カメラを向けるけど、あまり落ち着いては吸蜜せずすぐに移動する。
f0031682_17271490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17271499.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも何回かのシャッターチャンスをくれた。

f0031682_17271444.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17271457.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内が、散歩する人の足元から大きな蝶が飛び出して近くに止まったという。

もしかしてと思って探すと、予想した通りクロコノマチョウだった。
赤っぽいからメスかな。

f0031682_17270967.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


ここでクロコノマチョウを見るのは初めて。

f0031682_17270827.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ヒガンバナを背景に入れるのにもチャレンジ。

f0031682_17270843.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


最後に萩のところに行ってみると、今回もウラナミシジミのメスが萩の花で吸蜜している。

f0031682_17270463.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスなので多少落ち着いて吸蜜してくれたので写真も撮りやすい。

f0031682_17270304.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


花のたくさん咲いたところにきてくれたので、豪華な感じの写真が撮れた。

f0031682_17270336.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵もしていた。

f0031682_17270440.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200




# by dandara2 | 2016-09-27 17:41 | 吸蜜 | Comments(12)
2016年 09月 24日

小畔川便り(ヒガンバナとカラスアゲハ:2016/9/15)

9月15日、再度ヒガンバナの様子を見に行く。

12日に来た時よりもヒガンバナは咲いていて、3分咲きといったところだろうか。
ただ、天気はあまり良くなくて、少し肌寒い。

ヒガンバナにはキタキチョウ以外はなにも来ていなかった。

ぶらぶら歩いて、樹液の出ている木のところまで来ると、アカタテハが飛んできた。

カメラを向けると、早速オオスズメバチが追い払いに来る。

f0031682_07071985.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07071975.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヒカゲチョウも吸汁に来るけど、それに気づいたオオスズメバチが追い払った。

f0031682_07071982.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07071993.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒガンバナの場所を一通り見て回るけど蝶は何も来ていない。

これでは困るので、ウラナミシジミはいるかなと思って萩の咲いているところに行ってみる。

二株あるうちの一株にはセセリ以外何もいなかった。

もう一株のところに行くと、花に止まっているウラナミシジミがいた。

背景の萩の花もきれいなのでそれを入れて撮影。

f0031682_07071259.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体は羽化間もないのか、それとも天気が良くないからなのかじっとして動かず、良いモデルになってくれた。

そのうちには翅をもじもじさせて、開翅してくれた。

f0031682_07071962.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスのようだ。

最初に見た株に戻ったら、もう一頭が吸蜜にきていた。

f0031682_07071393.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


活発に動いていたけど、萩の花にとまって翅を開いた。

f0031682_07071319.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらはオスだった。

家内は萩に産卵するツバメシジミを撮影していた。

f0031682_07071304.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


とりあえずは少し写真が撮れたので、お菓子などをつまんで休んでいると、空が明るくなってきて気温も少し上がったようだ。

ツマグロヒョウモンなどが活発に動き出したので、もう一度ヒガンバナを見に行くことにする。

黒系アゲハが飛んできたと思ったらヒガンバナで吸蜜を始めた。

やったーと思いながら、脅かさないように近づく。

f0031682_07065584.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


カラスアゲハだ。

メスだったので、この一角のヒガンバナで数分間吸蜜を繰り返してくれたので、思う存分シャッターを押した。

f0031682_07070367.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07065662.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


自宅近くでカラスアゲハがヒガンバナに来るなんて嬉しい。
f0031682_07070428.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


タイミングがうまくあって、翅表もちゃんと写っていた。

f0031682_07071288.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


たくさん撮影した中には、飛び上がるところも写っていた。
f0031682_07065692.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07070468.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


花がまだ新鮮なものが多かったのもうれしい。
f0031682_07070304.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07065609.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜していた時間は5分くらいだったけど、ずいぶんたくさんのシャッターを押すことが出来た。

たった一頭のカラスアゲハだったけど、十分満足して帰宅することが出来た。



# by dandara2 | 2016-09-24 07:36 | 吸蜜 | Comments(12)
2016年 09月 21日

小畔川便り(ゴイシシジミ:2016/9/12)

”蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲譜物語」” のchochoensisさんから電話があり、ゴイシシジミの集団がいるとのお話。
しばらく待っていただけるとのことなので急いで駆け付ける。

笹の群落の、少し葉が茶色っぽくなった一角にゴイシシジミがちらちらと飛んでいる。

f0031682_10220228.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


葉の裏にはびっしりとアブラムシ(ササコナフキツノアブラムシとchochoensisさんに教えていただいた)がついていた。

f0031682_10205921.jpg
オリンパスTG-4


二人で確認すると、4m×2m位の範囲のササの葉の表に5頭が止まっていて、さらに何頭かが葉の裏で吸汁していた。

f0031682_10205212.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


今年はゴイシシジミが多いと東信の山で聞いたけど、自宅近くでもこんなにたくさんのゴイシシジミがいるとは思わなかった。

2頭が仲良く並んで吸汁していたのでカメラを向けると、もう一頭が飛んできた。

f0031682_10205245.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10205253.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2頭のいる場所に止まると、裏側に回って、3頭で吸汁を始めた。
f0031682_10205218.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10205277.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


chochoensisさんに幼虫が撮影したいというと親切に探してくれた。

f0031682_10204632.jpg
オリンパスTG-4


お別れした後は、付近を探すとミドリヒョウモンが地面に降りていた。

f0031682_10203480.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場所でミドリヒョウモンを見るのは初めて。

近くの木に産卵しないかと期待したけど、飛び上がってどこかに行ってしまった。

悔しいので周りを探すと、アカボシゴマダラがいる。
ここにきて急に数が増えてきたような気がする。

メスの止まっているところにオスが飛んできた。

f0031682_10205808.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


配偶行動が見られるかとカメラを構えるけど、すぐに飛んでしまった。

別のメスが飛んできてエノキのまわりを飛ぶ。
産卵かなと思って追いかけると、1m位のエノキに止まって産卵を始めた。

f0031682_10205887.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵を終えて尾端を上げると、産卵された卵がシルエットで写っていた。

f0031682_10205908.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後少し移動してギンイチを観察している川沿いに行く。

もちろんギンイチはいないけど、コムラサキはどうかなと思って見ると、一頭がちらっと飛んだけど撮影はできなかった。

この時期にはヒメアカタテハが多い。

f0031682_10204663.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


数頭が産卵しているので、カメラを向けるけどなかなか良いアングルで撮影できない。


これは尾端は見えているけど縦。

f0031682_10203458.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも尾端は見えているけど葉かぶり。

f0031682_10203489.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何とか撮影したいと粘ったら、ようやくそれらしいアングルで撮影することが出来た。

f0031682_10203445.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


尾端の先には産みだされている卵も写っている。

ようやく狙った写真が撮れたので、満足して帰宅することが出来た。

chochoensisさん、ありがとうございました。




# by dandara2 | 2016-09-21 10:42 | 産卵 | Comments(14)
2016年 09月 18日

小畔川便り(彼岸花が咲き始めた:2016/9/11)

2016年用に4T(テラ)のハードディスクを用意していたけど、それが9月で一杯になりそうなので、仕方なく6Tを用意して13日から移し替え作業。

4Tと6Tだと昨年末にはちょっと値段の差があったし、使用しているハードディスクケースが4Tまでしか対応していなかったので4Tにしたけど、結局ハードディスクケースも8Tまで対応のものに買い替えたから、最初から6Tにしておけばよかった。

空いた4Tに、きつきつの他の年度の物を移したりして、結局8Tを移動することなって、まる二日半かかってしまった。

撮影した後に没写真を選別するのが面倒で(後で消さなきゃよかったと思うのも嫌だし)、そのまま保存しているけど、一年間の撮影量って半端じゃないなと実感した。

寝ている間に動いている時にはいいのだけど、昼間は他の作業が思うように進まなかった。
バックグラウンドで動かしていても、時々"メモリーが不足しています。このまま作業を続けますか"とか出たりするので、メモリーを食いそうな画像処理の作業などがほとんどできなかった。

それも何とか終わって、バックアップ用の6Tのディスクに今年分をミラーリングしているだけになったので、ようやく普通にパソコンがいじれる。

9月11日は彼岸花の様子を見に、近くの河川敷に出かけた。
まだ咲いていないんじゃないかと思ったけど、所々にぽつぽつと咲いていた。

天気はうす曇りで、期待したアゲハ類は来ていなかったけど、キタキチョウが吸蜜していた。
そこにオスが求愛に来たので、変化のある写真を撮ることが出来た。

f0031682_11115116.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11115122.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これはオスの斑紋が違うから別個体が絡んだ時のようだ。
f0031682_11115189.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


歩いているとアカボシゴマダラが多い。

f0031682_11115186.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


その多くはメスで、あちこちで産卵行動をしていた。

f0031682_11114778.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵しそうなメスは、エノキの幼木を探して低いところを飛ぶものがいるので、それを追いかけて飛翔を撮影する。

f0031682_11114744.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_11114721.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


最後には30㎝位の小さなエノキに止まって産卵した。

f0031682_11114717.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


頭より少し高い位置で産卵しているものがいたので撮影する。

家内の撮ったものには手前にアカボシの羽化殻も一緒に写っていた。

f0031682_11115182.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影しているときには気が付かなかったので、私はもっと右から撮っていて、羽化殻が葉の陰になってしまっていた。
遠慮した位置で撮影した家内に福が来たということでしょうか・・・残念。

ジャコウアゲハも産卵場所を探して飛び回っていた。

f0031682_11114100.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


食草のウマノスズクサは、草の陰に埋もれてしまってよくわからない。

f0031682_11113553.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


母蝶も探すのに苦労していた。

f0031682_11113538.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


樹液の出ている場所が一か所だけあって、キイロスズメバチが占領していた。

樹液のお相伴にあずかろうといろいろな蝶が来ていたけど、オオスズメバチは近づく蝶を追い払っていて蝶は樹液にたどり着けない。

見ていると、蝶の種類によって近づき方に差があって面白い。

一番度胸があるのはキタテハ。
少し離れたところに止まって、そのうち意を決したように翅を開閉しながら近づいていく。

f0031682_11114116.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

でもこれが限界、結局追い払われた。

次にはアカボシゴマダラ
体が大きい分、自信ありげに近づいていく。
でも結局は追い払われてしまった。

f0031682_11114103.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ルリタテハは、近づこうとはしないで、1mくらい離れた、少し樹液の染み出たところで吸汁。

f0031682_11114772.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コムラサキは一応止まりはするけど、一番臆病な感じで、近づこうとはしない。

f0031682_11113535.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

羽ばたいて移動するときなどに、角度によってきれいな紫色が見える。
f0031682_11113574.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


彼岸花がたくさん咲くまでにはもう少しかかりそうなので、時々様子を見に来ることにする。



# by dandara2 | 2016-09-18 11:22 | 産卵 | Comments(10)